今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻10号・2017年10月号)
特集/成人の注意欠如・多動性障害(ADHD)の診断と治療

「臨床精神医学」(46巻11号・2017年11月公募論文特大号)
特集/超高齢化社会の精神科診療

バックナンバーはこちら




 40巻6号(2011年6月号) 特集/こころの進化と精神医学
定価(\)本体 2,750+税 送料(\) 150


編集後記

◇10年,100年,千年,1万年,10万年,100万年,千万年,1億年,10億年,100億年。この10種のオーダーは宇宙と生命の歴史年表に記される時間の単位。科学の時代がはじまってわずか300年ちょっと,宇宙のビッグバンやDNA機能が知られるようになってまだわずか数十年。宇宙・生命科学の知が人類の価値観,倫理・社会思想に浸透しきたとは到底,思えない。

◇そう考えると,一見,科学の時代にみえる今の人類の文化ではあるが,その土台は基本的には,ヤスパースのいう 「枢軸時代」(約2500年前,ギリシャ,中東,インド,中国で知の維新が起きた時代)のままであることに気づかされる。宇宙と生命の進化史が明らかにされはじめたこれから,改めて,本当に普遍的で,永続しうる価値観,倫理・社会思想を立てうる 「根拠地(ground)」 探しがはじまる。そこには精神保健の確かな根拠も見いだせるだろう。

◇その根拠地探しの道標は,主観的体験の学(現象学)と,これを生み出してきた生命の進化学だ。これから数百年,数千年をかけ,宇宙・生命科学の知と伝統宗教を包摂した新たな価値観,倫理・社会思想が生まれ,いずれそれが人類の文化土壌と化していくだろう。

その新たな文化土壌と群れ社会の中でも進展し続ける遺伝子選択によって,ヒトという生物種そのものが進化学的に変化していくことすら,想定される。だからこそ,普遍的で,永続しうる価値観,倫理・社会思想の本当の 「根拠地(ground)」 探しが必要なのだ。(R.T.)

目次


進化心理学の誕生と展望(総合研究大学院大学)長谷川 眞理子…783

進化発達心理学とは(白梅学園大学)無 藤   隆…791

動物行動学とユングの元型論(浜松大学)山 中 康 裕…797

意識(主観的体験)と統合失調症の進化史(慶應義塾大学)高 畑 圭 輔…803

精神医学が進化学から学ぶこと−「こころの理論」は霊長類だけがもつ能力か−(京都大学)村 井 俊 哉…815

不安の進化精神医学(杏林大学)田 島   治…823

抑うつの進化精神医学(防衛医科大学校)野 村 総一郎…831

統合失調症の進化精神医学−分子生物学と精神病理学の見地から−(自治医科大学)加 藤   敏…837

進化学からみた幸福感の起源とめざすべき未来社会−精神保健の拠りどころを求めて−(埼玉医科大学)豊 嶋 良 一…849

❖シリーズ 難治性気分障害の治療:エビデンスレビュー

 難治性うつ病に対する認知行動療法

 松永 美希・他…859

❖研究報告

 重度認知症デイケアの利用中止理由とその要因−10年間の動向−

 佐藤 晋爾・他…869

❖講演紹介 第7回福岡精神医学研究会特別講演 講演記録

 精神科治療におけるセレンディピティ

 稲永 和豊…879

バックナンバーはこちら