今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻8号・2017年8月号)
特集/精神障害とこだわり

「臨床精神医学」(46巻9号・2017年9月号)
特集/攻撃性の神経生物学と臨床

バックナンバーはこちら




 第39巻3号(2010年3月号) 特集/ドメスティック・バイオレンスをどう克服するか
定価(\)本体 2,750+税 送料(\) 150


編集後記

DVは児童虐待と同様に家庭という壁に遮られ,第三者にとって容易に立ち入れない領域であった。しかし平成13年にいわゆるDV防止法が施行されて以来,配偶者間暴力の被害者に対する相談や保護の法整備が進んでいる。法律,医療,福祉など多様な専門職種間のネットワークが求められている。

◇DVがPTSDをはじめとする精神障害の原因となることは広く知られている。しかし親密な間柄の暴力という性質から,被害者が医療にアクセスすることは必ずしも容易ではない。認知行動療法などの本格的治療に導入されるまでに心理的バリアも越えなければならない。被害者が外傷を負って一般医療機関を受診したり,児童虐待のかたちで事例化することを通じて,DVの存在がようやく明るみに出ることもある。

◇カップル間に生じる現象であることがDV問題を複雑にする。被害者と加害者の病理,とりわけ両者の関係性を検討しなければならない。従来は被害者がもっぱら関心の焦点にあったが,近年になり加害者の行動修正という新しい展開がみられている。加害者の動機付けや刑事司法的処遇との関係など,多くの困難を抱えているが,DVの根本的解決のためには避けて通れない課題であろう。

◇本特集は,海外の先進的な試みも視野に入れながら,DVの克服に向けた処方箋を示している。被害者のケアはもちろんのこと,加害者への対応もあえて主題の一つに取りあげた。DV対策のブレークスルーにつながることを期待したい。

目次


日本はDV加害者にとっての「安全地帯」か─わが国と諸外国の動向─ (東京都精神医学総合研究所)妹 尾 栄 一…273

デートDVの被害・加害への介入支援 (大阪教育大学 学校危機メンタルサポートセンター)野 坂 祐 子…281

DV加害者臨床における認知行動療法の理論と実践について (BC州公認クリニカル・カウンセラー)高 野 嘉 之…287

ドメスティックバイオレンス被害者のPTSDに対する治療─認知行動療法を中心に─ (国立精神・神経センター)中 島 聡 美…303

ドメスティックバイオレンス被害者への早期介入 (東京女子医科大学附属女性生涯健康センター)加 茂 登志子…311

カウンセリングセンターにおけるドメスティックバイオレンスへのアプローチ (原宿カウンセリングセンター)信 田 さよ子…319

ドメスティックバイオレンスと児童虐待─被害を受けた母子と加害男性に対する包括的な介入─ (筑波大学)森 田 展 彰…327

被害者が加害者に変ずるとき─ドメスティックバイオレンスと司法精神医学─ (筑波大学)中谷 陽二・他…339

❖研究報告

精神科診断の問題点─フォーカシングの観点から─ 川池 陽一・他…347

修正型電気けいれん療法(ECT)におけるパルス波治療器の刺激用量設定に関する検討 柴崎 千代・他…355

❖書評

うつ病の臨床精神病理学:「笠原嘉臨床論集」を読む 神庭 重信…363

バックナンバーはこちら