今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻12号・2017年12月号)
特集/日常診療における病識・病感・負担感の取り扱い〜治療効果を高めるための工夫〜

「臨床精神医学」(47巻1号・2018年1月号)
特集/精神科診療・研究に役立つ実践的倫理

バックナンバーはこちら




 第39巻2号(2010年2月号) 特集/英国における精神科医療改革の動向と精神医学
定価(\)本体 2,750+税 送料(\) 150


編集後記

◇今月号の特集は,「英国における精神科医療改革の動向と精神医学」である。

 英国の精神保健と医療改革への関心が高まっている。医療の質と効率を追求する米国モデルに主な関心が注がれた過去20年余の医療政策は,国民の何割もが医療保険に入れない医療事情の酷さも広く知られるに及んで,国民皆保険とフリーアクセスを特質とするわが国の優れた医療制度のモデルとして適切なのかという疑問が生じている。英国ブレア政権以後の保健と医療政策は,無料,国営を維持しながらも質的改善の様々な工夫を導入し,アクセスをはじめ,臨床指標の大幅な改善を達成しつつある。精神科分野でも,この数年,大きな予算を投入し,人員を大幅に増やし,種々の組織改革やサービスを届ける体制を確立して,早期介入,危機介入の充実,自殺の減少をはじめとする精神保健・医療の指標を大幅に改善した。わが国と医療システムが違うが,国民全員に対して保健と医療サービスの責任を持つ点で,国際的に見れば共通点が大きい英国の改革から,学ぶべき点を明らかにすることは意義がある。

 2009年11月に1999年のNSFを起草した王立ロンドン大学精神医学研究所(モーズレー)のGraham Thornicroft教授,2010年2月初めには英国精神保健改革の中心人物で,現職の英国保健省精神保健ディレクターLouis Appleby教授が来日公演し,3月には英国精神保健改革を推進した専門家集団IRISメンバーで,英国早期介入事業責任者Jo Smith氏らがCBTと家族支援技術セミナーで来日という偶然が重なったのを契機に本特集を組むことにした。これら英国精神保健改革の中心人物に加え,英国王立精神医学会会長のJed Boardman 教授に精神保健改革が精神科医の実践に与えた影響を報告してもらった。Geoff Shepherd教授は,英国精神保健改革のNew Horizonsで重視される「回復」の概念を論じた。さらに日本人で英国の医療を見聞し解析を加えた厚生労働省の武内和久氏に英国医療制度の見方を解説頂き,英国留学経験者の体験談,および英国の精神保健に詳しい識者に英国の自殺予防,精神保健人材養成について報告してもらった。

 おそらく,この特集ほど,英国の精神保健改革について学べる資料はないであろう。読者の方々が,矛盾が昂じ,切望されているわが国の精神科医療と精神保健・福祉の改革の方向についてヒントを得られることを期待するものである。

目次


公平,無料,国営を貫く英国の医療改革を概観する (厚生労働省)武 内 和 久…117

新たな地平―精神保健の共有ビジョン 2009年英国の精神保健政策 Louis Appleby et al…127

1999年以降のイギリスにおける地域精神保健ケア政策の発展 Graham Thornicroft…137

イングランドにおける精神病早期介入とサービス改革 Jo Smith et al…147

‘リカバリー’の概念:精神保健サービスの構築と提供の意義 Geoff Shepherd…165

英国の精神保健改革における人材開発への挑戦─新しい仕事の仕方( New Ways of Working;NWW)─ (東京都立松沢病院)伊勢田 堯・他…181

自殺を実際に減らした英国の自殺予防対策 (川崎医科大学)和迩 健太・他…189

英国児童思春期精神科医療現場とその変化 (東京都立梅ヶ丘病院)森 野 百 合 子…199

ロンドンの地域精神医療 −ランベス地区とクロイドン地区におけるチームアプローチ− (川崎医科大学)松 下 兼 宗…207

英国の精神科医療現場の変化  (South London & Maudsley NHS Foundation Trust)赤 沼 のぞみ…215

イングランドの精神保健改革が精神科医の実践,研修および教育に与えた影響

Jed Boardman et al…221

英国のコミュニティ精神保健ケア (東京都立松沢病院)針 間 博 彦…231

❖研究報告

DPCにおける精神科医療の評価 松田 晋哉・他…241

自己像幻視ではどうして私が見えるのだろうか?愛知医大を受診した9症例の検討 深津 尚史・他…253

❖追悼

本多 裕 先生を偲ぶ  風 祭   元…262

バックナンバーはこちら