今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻8号・2017年8月号)
特集/精神障害とこだわり

「臨床精神医学」(46巻9号・2017年9月号)
特集/攻撃性の神経生物学と臨床

バックナンバーはこちら




 第39巻1号(2010年1月号) 特集/精神療法のエッセンスを診療に生かす
定価(\)本体 2,750+税 送料(\) 150


編集後記

◇精神科治療の大きな柱といえば,精神療法と薬物療法であろうか。しかし,薬物療法の研究と実践の日進月歩の進歩に比べて,精神療法は昔からあまり変わっていないというイメージがありはしないだろうか。実際,曖昧な部分があり変化の少ない精神療法よりも,形の明確な薬物療法に臨床家の目は注がれやすい。その際,診断や状態像に重きがおかれ,「患者は,どのような人なのか」という全体像が抜けてしまうことがある。

◇しかし,薬物療法といえども,自動販売機で薬を買うわけではなく,医師がどのような説明をし,どのように勧めるかということは,重要である。実際,薬物療法の効果を最大限引き出すのは,精神療法の重要な役割の一つなのである。

◇つまり精神科治療においては,すべての治療行為は大きな精神療法の中に包括されていると捉えるとよい。体系だった理論と技法を持つ精神療法は,時間がかかるというイメージがあるが,精神療法の効果はかけた時間にあるわけではない。現実の診療は,時間が限られており,医師としては不全感を抱くことにもなるが,精神療法は時に小さな言葉が大きな転機をもたらすこともあるのである。

◇発想を逆転する必要があるように思う。精神療法は,時間の限られた,忙しい日常診療の中にこそ原点がある。「薬物療法は行いますが,精神療法は行いません」という言葉を聞くことがあるが,日常診療の中に,どこにでも流れ続けているものこそが精神療法なのである。そのような考えをもとに本特集を企画した。体系だった理論と技法を持つ精神療法の専門家の先生方に,忙しい日常臨床に生かすことのできるエッセンスを伝授願うという視点で,ご経験とお考えを記していただいた。ご多忙な中,ご執筆いただいた先生方に心よりお礼申し上げたい。そして,本特集が日々の診療に何らかのヒントを与えるものになることを心より願ってやまない。

目次


クライエント中心療法のエッセンスを診療に生かす

(川崎医科大学)青木 省三・他… 5

精神分析的精神療法を診療に生かす−メンタライジングを中心に−

(慶應義塾大学)白波瀬 丈一郎… 13

行動療法を診療に生かす (福岡赤十字病院)芝 田 寿美男… 19

認知行動療法を診療に生かす

(原田メンタルクリニック・東京認知行動療法研究所)原 田 誠 一… 27

森田療法を診療に生かす (東京慈恵会医科大学)塩 路 理恵子… 35

内観療法を診療に生かす (慈圭病院)堀 井 茂 男… 43

ユング心理学を診療に生かす (武野クリニック)武 野 俊 弥… 51

解決志向アプローチを診療に生かす (岡クリニック)岡   留美子… 61

システミックな視点を診療に生かす−来談者の描く絵と枠の扱い−

(広島市子ども療育センター)岡 田 隆 介… 69

フォーカシングを診療に生かす (鹿児島大学)川池 陽一・他… 77

❖研究報告

レビー小体型認知症にみられた焦燥的徘徊 江原  嵩・他… 85

指定通院医療機関におけるモニタリングに関する研究

 −通院処遇期間の推定と精神保健福祉法入院の併用実態分析を中心に−

美濃由紀子・他… 93

❖短報

Quetiapine投与後に生じた体重増加と口渇に対してnizatidineが

 有効であった双極性うつ病の1症例 河野 公範・他…103

バックナンバーはこちら