今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻12号・2017年12月号)
特集/日常診療における病識・病感・負担感の取り扱い〜治療効果を高めるための工夫〜

「臨床精神医学」(47巻1号・2018年1月号)
特集/精神科診療・研究に役立つ実践的倫理

バックナンバーはこちら




 第38巻11号(2009年11月号) 特集/うそと脳
定価(\)本体 2,750+税 送料(\) 150


編集後記

◇本号では「うそと脳」という特集を企画しました。うそは,現実のことでなく,非現実のことに関する言葉やふるまいであり,現実のことについての言葉,ふるまいを具象的な態度とするなら,うそは抽象的な態度と考えることができます。その意味で,脳機能の観点からみれば,うそは極めて高次の脳機能と考えられます。また言葉の観点からみれば,うそは記号としての言葉の本質的な機能に関わるものともいえます。近年,社会脳ということがいわれ,本誌の特集でも取り上げましたが(Social Brain),うそは優れて社会的なものでもあります。

◇本特集では,うそとは何かについての現象学的分析,虚偽性障害と詐病,Münchhausen症候群と代理Münchhausen症候群,空想虚言症などのうそに関するさまざまな病態,虚記憶の認知神経メカニズム,作話に関する脳機能,また通常の心理としての,ねたみ,利他行動といじわる行動の脳基盤を取り上げました。これまでまとめては検討されてこなかったテーマと思います。執筆いただきました先生方に深く御礼を申し上げます。

目次


うそとは何か─現象学的分析─(大阪大学)村 上 靖 彦…1557

虚偽性障害と詐病(精神医学研究所附属東京武蔵野病院)木 ア 英 介…1565

ミュンヒハウゼン症候群と代理によるミュンヒハウゼン症候群(国立成育医療センター)笠 原 麻 里…1573

空想虚言症(筑波大学)中 谷 陽 二…1581

虚記憶の認知神経メカニズム(慶應義塾大学)寺澤 悠理・他…1587

ねたむ脳(独立行政法人放射線医学総合研究所分子イメージング研究センター)高 橋 英 彦…1597

利他行動といじわる行動に関わる神経基盤(大阪大学社会経済研究所)二本杉  剛…1605

作話と脳(認知症における作話と妄想)(名古屋市立大学)仲秋秀太郎・他…1613

❖研究報告

呉医療センターにおける維持電気けいれん療法(ECT)の現状について 大森  寛・他…1621

❖総説

水俣病,三池一酸化炭素中毒と高次脳機能障害 原 田 正 純…1629

❖短報

焼身自殺をした老年男性の2症例 種 市   愈…1639

❖シリーズ 難治性気分障害の治療:エビデンスレビュー

難治性双極性障害に対する治療 寺 尾   岳…1645

バックナンバーはこちら