今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻12号・2017年12月号)
特集/日常診療における病識・病感・負担感の取り扱い〜治療効果を高めるための工夫〜

「臨床精神医学」(47巻1号・2018年1月号)
特集/精神科診療・研究に役立つ実践的倫理

バックナンバーはこちら




 第38巻10号(2009年10月号) 特集/解離性障害
定価(\)本体 2,750+税 送料(\) 150


編集後記

◇特集テーマ「解離性障害」を編集委員会に提案した小生,執筆陣の人選は最初から,この分野の第一人者であるM.S氏に全面的に依頼するつもりだった。M.S氏には執筆候補者と各標題(仮)をリストアップしていただき,ありがたいことに,候補者全員,執筆依頼を請けてくださった。できあがったのが本号である。相当本格的な論文集に仕上がった,と自画自賛したくなる出来栄えである。実質的な企画者であるM.S氏,それにご執筆いただいた先生方には深く感謝している。

◇解離性障害は意識野(=主観的体験)形成に関するある種の機能障害である(と小生は考えている)。近年,主観的体験(意識)の神経生理学的モデルが提案されている。一方,解離性障害の発症過程には心因が大きく関与する。ある種の心因によって意識野が変容するという,極めて興味深いこの現象はココロと脳の一元的理解を深める契機ともなりうることが,本特集の論文群からみえてくる。

◇今日の解離性障害の来院者数は,小生が約40年前に精神科医となった時代より増加したように日常臨床でも実感される。また,その増加分の少なくとも一部は家庭・家族の在り方の変化によるものと感じられる。社会・文化の変化とそこで生活する人々の精神病理の関連性は解離性障害にとどまらず,昨今の「抑うつ性障害」と自殺数の増加にも見て取れる。精神現象と生命現象の一元的理解をめざす新しい「精神の科学」によって,人類のココロの生態環境である社会・文化の変動と精神病理の関係性が洞察され,望ましい社会・文化の在り方が視えてくるはずだ,と小生は考えている。

目次


序(東京女子大学)柴 山 雅 俊…1429

解離性障害の疫学と最近の動向(尾内病院)杉下 和行・他…1433

心身論からみた解離の精神病理(京都大学)野 間 俊 一…1443

解離性障害の脳科学(京都大学国際交流センター)大 東 祥 孝…1449

解離性障害における「意識」の障害―Dans la cerveau ou au dehors de la cerveau ?―(愛知医科大学)兼 本 浩 祐…1461

心的外傷体験と解離(国際医療福祉大学)岡 野 憲一郎…1467

解離性障害とSchneiderの一級症状(東京女子大学)柴 山 雅 俊…1477

「解離」概念とアスペルガー障害(名古屋大学)鈴 木 國 文…1485

解離をどう理解しどう治療するか(楽メンタルクリニック)鈴 木   茂…1491

「かるい解離感」―自己例とベルナール・ビュフェについて―(築地サイトウクリニック)安 永   浩…1501

❖研究報告

超ハイリスク群と初発統合失調症群の第2世代抗精神病薬に対する反応性 武田 俊彦・他…1509

❖シリーズ 難治性気分障害の治療:エビデンスレビュー

難治性うつ病に対する非定型抗精神病薬の効果 上田 展久・他…1521

難治性うつ病に対する気分安定薬の併用 伊賀 淳一・他…1529

❖シリーズ/日本精神医学新風土記(30)

滋 賀 県 青木 治亮…1537

バックナンバーはこちら