今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻8号・2017年8月号)
特集/精神障害とこだわり

「臨床精神医学」(46巻9号・2017年9月号)
特集/攻撃性の神経生物学と臨床

バックナンバーはこちら




 第38巻7号(2009年7月号) 特集/死生学と精神医学
定価(\)本体 2,750+税 送料(\) 150


編集後記

◇緩和ケアに関する特集は本誌でも何度か組まれた。それだけ死にゆく者への医療は私たち精神科医にとって身近になってきたといえよう。今回は趣向を変えて「死生学 thanatology」からの切り口でこの問題を取り上げる。お膳立ては東大文学部の島薗進教授にすべてお任せした。島薗教授は編集子が畏敬する先達であり,死生学を掲げてCOEプログラムの代表としてすでに多くの業績をあげてこられたからである。

◇島薗教授には本特集でも長文の巻頭言を寄せていただいた。それだけでも大変なことなのに,お仲間や旧知の方々を糾合して本特集を組んでいただいた。できあがってみると,これまでの類似の特集とは一味もふた味も違うことに読者も気づかれたことと思う。読者とともに快哉を叫びたい気分である。

◇患者さんを「生かす」ことしか考えてこなかった医者は,死に直面する患者と相対すると言葉を失ってしまう。私たち精神科医が言葉を失ってはしゃれにもならない。でも心ある精神科医はこれまで臨床現場で経験を積みながら,語るべき言の葉をつむいできた。ここで「死生学」にあらためて直面して,その経験を新たな高みにと導いてほしいと思う。

◇医学は「とにかく死なないこと」をようやく止揚して,生まれいずる発達学と死にゆく死生学を包含する段階にようやく来ているように思う。あけぼのとたそがれである。この魅力的な領域に新しい視野を提供していただいた島薗教授にあらためてお礼を申し上げたい。

目次


巻頭言:死生学と精神医学(東京大学)島 薗   進…873

死にゆく者とともに歩む医療(東京大学名誉教授)大 井   玄…881

Death Educationと精神医学中 村 博 志…887

統合失調症と死者(稲城台病院)渡 辺 哲 夫…897

現代精神科臨床と死生観(東京医科歯科大学)松 島 英 介…905

阿闍世コンプレックスと近角常観(大阪教育大学)岩 田 文 昭…915

心理療法思想と死生観 フロイトからスピリチュアル・ケアまで(聖心女子大学)堀 江 宗 正…921

仏教の死生観とスピリチュアルケア(聖トマス大学)谷 山 洋 三…929

対象関係論と死生観 (高野山大学)井上 ウィマラ…937

❖第6回福岡精神医学研究会特別講演 講演記録

現在の精神分析は精神医学にいかに貢献できるか 西園 昌久…945

❖シリーズ/日本精神医学新風土記(28)

岩 手 県 森  荘祐…963

❖研究報告

うつ病患者との治療関係について―生活リズム回復ノートの利用― 三 浦 弘 史…969

職場不適応を繰り返した自閉症スペクトラム障害の1例 森岡 洋史・他…977

バックナンバーはこちら