今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻8号・2017年8月号)
特集/精神障害とこだわり

「臨床精神医学」(46巻9号・2017年9月号)
特集/攻撃性の神経生物学と臨床

バックナンバーはこちら




 第37巻8号(2008年8月号) 特集/ACTの可能性を探る─現状と課題─
定価(\)本体 2,750+税 送料(\) 150


編集後記

◇数年前,カナダでACTの訪問活動に同行させてもらったことがある。日本であれば慢性病棟で出会うような病状の重い患者さんが対象だということに驚かされる一方,コメディカル中心のスタッフの意気込みが印象的だった。

◇諸外国の医療・福祉モデルを日本に根付かせるには,当然ながら,社会資源,医療費の体系,さらには関係者の意識などの条件を無視していては画餅に帰する。かといって,既存の枠組みに適合させることばかり優先すると,せっかくのモデルが理念を失い,骨抜きにされてしまう。

◇脱施設化が現実に進行している欧米でのACTを,わが国の精神科医療の特殊事情の中で力を発揮する日本型ACTに作り替えることが課題だろうか。

◇本特集では,種が蒔かれて10年に満たない日本のACTとその周辺の問題をめぐって,財政的・人的裏付けの不足を克服しながらパイオニア的に実践されている活動の記録を交えて報告していただいた。障壁も少なくないが,多くの可能性が秘められていることが伝わってくる。今後の発展の一里塚となれば幸いである。(Y.N.)

目次


●特集 ACTの可能性を探る─現状と課題─

 ACTとは何か

(東北福祉大学)西 尾 雅 明

 日本におけるACT実現の可能性をさぐる〜実現は可能である,しかし……

(たかぎクリニック)高木 俊介・他

 職業リハビリテーションとACT

(日本福祉大学)野 中   猛

 ACTと訪問活動の実際

(ぴあクリニック)山 田   創

 本人・家族の「回復」に向けたACTスタッフの関わり

(東洋大学)白 石 弘 巳

 ACTとアウトリーチサービス

(さわ病院)澤     温

 ACTにおける統合失調症のリハビリテーション・危機対応

(北海道立緑ケ丘病院付属音更リハビリテーションセンター)桶 田 昌 平

 医療観察法の地域サポートとACT

(松原病院)松 原 三 郎

 ACTを外来診療に生かせるか―精神科診療所における地域ケアの実際―

(錦糸町クボタクリニック)窪田  彰・他

●研究報告

 うつ病の再発予防に関するセルフエフィカシー尺度の開発と信頼性・妥当性の検討

山下真裕子・他

 Panic and Agoraphobia Scale日本語版(PAS-J)の信頼性および妥当性

貝谷 久宣・他

●海外だより

 中国桂林市の精神科医療

藤原 洋子・他

●日本精神医学新風土記

 徳 島 県

森井 章二

●学会印象記

 第3回日本統合失調症学会

岩瀬 真生・他

●シリーズ/精神医学用語解説

 338.BPSD

門司  晃

バックナンバーはこちら