今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(46巻7号・2017年7月号)
特集/てんかん診療における精神科医の役割

「臨床精神医学」(46巻8号・2017年8月号)
特集/精神障害とこだわり

バックナンバーはこちら




 第37巻6号(2008年6月号) 特集/fMRIと精神医学
定価(\)本体 2,750+税 送料(\) 150


編集後記

◇局所脳機能検査法としてのfMRIには,非侵襲的で繰り返し検査が可能,一人の患者についても定量評価が可能,すでにMRI装置が臨床に普及していることから比較的安価なコストで利用できるなどの利点がある。したがって,fMRIを用いることによって,多彩な症候を示す精神疾患の個々の症例の病態解析,精神疾患の経過の縦断的評価,向精神薬による治療効果の判定など,これまでの方法では不可能であったアプローチが可能になっている。実際に,国内外の多数のグループがさまざまな精神疾患に対する病態評価や治療効果の判定にfMRIを用いて成果をあげつつある。

◇そのようなfMRI研究の最近の成果の紹介を,第一線で研究を行っている研究者にお願いしてできたのが本特集である。幸い,各執筆者の先生方が,関連する国内外の成果のレヴューとご自分の研究成果を一般の読者にもわかりやすく紹介して下さり,大変充実した特集ができあがった。

◇執筆をご快諾いただいた先生方に感謝申し上げるとともに,読者におかれては,本特集によって精神医学の新しい方法論の展開を感じていただけたら幸いである。 (O.Y.)

目次


●特集 fMRIと精神医学

 fMRIでみる心の世界─基本と応用

(玉川大学脳科学研究所)松 田 哲 也

 fMRIでみる統合失調症の聴覚言語機能とヒトの声の認知機構

(日本医科大学附属病院)肥 田 道 彦

 fMRIでみる統合失調症の社会的認知

(京都大学)村 井 俊 哉

 fMRIでみる統合失調症の運動認知

(独立行政法人放射線医学総合研究所)高 橋 英 彦

 fMRIでみるうつ病の脳機能

(広島大学)岡田  剛・他

 fMRIでみる強迫性障害の脳機能

(壱岐市立壱岐市民病院)鍋山麻衣子・他

 fMRIでみるPTSDの情動反応─masked trauma映像によるPTSDのfMRI研究─

  (東京大学保健センター)坂 本 英 史

 fMRIでみる自閉症の共感性障害

(浜松医科大学子どものこころの発達研究センター)杉 原 玄 一

 fMRIでみる精神疾患の中間表現型

(名古屋大学)飯 高 哲 也

 fMRIでみる向精神薬の薬理作用

(日本医科大学)八 幡 憲 明

●研究報告

 ひきこもりを余儀なくされるてんかん例について

須江 洋成・他

 Aripiprazoleが奏効した口腔内セネストパチーの1症例

高田 知二・他

 Paroxetine塩酸塩水和物の社会不安障害に対する臨床評価

  ─プラセボを対照とした二重盲検比較試験─

朝倉  聡・他

●日本精神医学新風土記

 富 山 県

武内  徹

●書評

 精神科臨床ノート(青木省三 著)

井原  裕

●学会印象記

 第22回日本老年精神医学会および第26回日本認知症学会

前田  潔

●読者のひろば

 眠気を引き起こす薬物の添付文書における問題点─本剤投与中の患者には,

 自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事させないよう注意すること─

戸田 克広

バックナンバーはこちら