今後の特集のご案内

「臨床精神医学」(47巻6号・2018年6月号)
特集/精神科臨床に必要とされる基本と応用─精神科専門医とサブスペシャルティ─

「臨床精神医学」(47巻7号・2018年7月号)
特集/精神疾患の背景にあるトラウマに気付く

バックナンバーはこちら




最新号 
 47巻5号(2018年5月号) 特集/ADHDとその周辺−児童から青年期まで
定価(\)本体 3,000+税 送料(\) 200


編集後記

◇本特集号は,埼玉医大横山富士男先生の多大なるご協力によって実現したものです。この場を借りて,あつく御礼申し上げます。
◇ADHD患者は,いわゆる診断基準に挙げられた症状以外にも,さまざまな症状を呈します。症状全体・状態像をどう多次元的・立体的に描き出し,症状成因をどう診立て,どう対応すればよいのでしょうか。
◇精神科の歴史の中でADHDが注目を浴びるようになったのは,ごく近年のこと。臨床家たちはすでに経験を積みつつはありますが,ある程度の自信をもってADHDの診療に臨んでいる,と自認できる精神科医は多くはないと思われます。
◇加えて,わが国の精神科医養成課程では,児童・思春期患者の診療経験を十分に積む「しきたり」が確立されているとは,とうてい言い難い。編者はわが身を顧みず,ある大学で「こどものこころクリニック」を精神科の一部門として立ち上げる事業に参画しましたが,自分自身は,児童・思春期の臨床経験は極めて貧弱なまま,とうとう老精神科医となってしまいました。医育成機関精神科の全医局員が児童・思春期診療に携わるような診療・研修システムを構築することは,全国的な課題ではないでしょうか。
◇自閉スペクトラム症やADHDなどの神経発達障害系の診療技能が,日々の診療の中で今後ますます重要性を増していくだろうことは,多くの臨床家が実感しているところです。本特集号が皆様の臨床に多少とも寄与することを願っております。 (R.T.)

目次


ADHDの精神病理─試論─ (こころとそだちのクリニック むすびめ)田 中 康 雄…517
ADHDの疫学 (東海大学)木 本 啓太郎…525
小児期のADHDはどう成長しうるか (川崎医科大学)村上 伸治・他…531
ADHD/ASDとパーソナリティ特性 (愛育クリニック)小平 雅基・他…537
ADHDのための評価尺度と心理テスト (立正大学)中 田 洋二郎…545
ADHDと不眠・生活リズム (国立国際医療研究センター国府台病院)岩 垂 喜 貴…551
ADHDに絡んで起きがちな生活上の問題・トラブルと対処法
 ─素行の問題,留年や中退,ネット依存─
   (ときわ病院・ときわこども発達センター)館 農   勝…557
ADHD患者の家族支援・学校教育支援をめぐって (埼玉医科大学)横 山 富士男…565
ADHDの心理社会的治療─小児期から青年期まで─
  (信貴山病院子どもと大人の発達センター)岩 坂 英 巳…573
注意欠如・多動症への薬物療法
  (国立国際医療研究センター国府台病院)宇佐美 政 英…581
ADHD診療実践における前提と留意点
 ─診断・治療の誤りを避けるために─ (北里大学)井 上 勝 夫…593
これから児童・青年期のADHD診療を始める一般精神科医のために
  (埼玉医科大学)松岡 孝裕・他…599
❖研究報告
 初診時に不登校を呈した小中学生の登校再開までの時間的経過 岸本 光一・他…607

バックナンバーはこちら