今後の特集のご案内

 2005年 7月号 精神疾患の最新臨床疫学
     8月号 精神保健福祉施策のグランドデザインー障害者自立支援法案をめぐってー
     9月号 アスペルガー症候群をめぐってー症例を中心にー【公募論文特大号】
 

バックナンバーはこちら

最新号
 第34巻6号(2005年6月号) 特集/統合失調症と認知機能障害

定価(\) 2,835 送料(\) 150

編集後記 紹介

◇本号では統合失調症における認知機能障害を取り上げた。近年,統合失調症の認知機能障害が病態や治療,特に社会機能の回復との関連で注目されている。これまでいわゆる陽性症状,陰性症状,特に後者と脳機能障害との関係については極めて多くの検討がなされてきた。しかしながら,統合失調症と器質性脳損傷との類似は指摘されるものの,より重要である両者の差異については,納得できる一定の見解は得られていないように思われる。それには方法論的な問題が大きいと考えるが,認知機能障害が取り上げられるのであれば,器質性脳損傷においてその評価法や局在の問題など十分な検討がなされてきており,少なくとも統合失調症と器質性脳損傷を共通の土台で比較,検討する可能性が開かれたということになる。

◇本特集では,脳画像や神経生理学からみた統合失調症の認知機能障害が自験データとともに展望され,治療面では統合失調症のリハビリテーション,社会機能の回復との関係で,また初回エピソードにおける認知機能障害の問題が取り上げられている。さらには陽性症状の認知療法,また認知機能障害の神経心理学的評価における問題と,さまざまな観点から統合失調症と認知機能の問題が議論,展望されている。

◇認知機能障害に焦点を当てることで,脳科学の進展による最新の知見を統合失調症の検討に援用しうることとなる。この分野の今後の発展が期待されるところである。

目次

●特集

脳画像からみた統合失調症の認知機能障害                福田 正人・他
神経生理学からみた統合失調症の認知機能障害              高橋  栄・他
統合失調症のリハビリテーションと認知機能障害             池淵 恵美
統合失調症の陽性症状の認知療法
 ─初診〜慢性期リハビリテーションでの 心理教育・認知療法の活用─  原田 誠一・他
初回エピソード統合失調症における認知機能障害             山澤 涼子
統合失調症の認知機能障害と社会機能の回復               水野 雅文・他
統合失調症の認知機能障害─神経心理学的評価における問題─       鹿島 晴雄

●研究報告
摂食障害患者におけるアレキシサイミア傾向
─Tronto Alexithymia Scale短縮版(TAS-20)を用いた検討─       太刀川弘和・他
性暴力被害者の精神鑑定─鑑定の役割を中心に─             橋爪きょう子・他
慢性の妄想状態を呈した Prader-Willi症候群の1症例           仙谷 倫子・他
幻肢痛と断端痛に対するSNRIの治療経験─4症例報告─           伊藤 敬雄・他

●精神科診療/よもやま話
患者さんの人生に学ぶ─開業生活でみえてくる長期経過          高柳  功

●学会印象記
第41回日本犯罪学会総会                        小畠 秀吾

●シリーズ/精神医学用語解説
 295.RNAiまたはRNA干渉                       谷井 久志・他
 296.心神喪失等医療観察法                      吉川 和男
 

バックナンバーはこちら