「肝胆膵」投稿規定

■本誌は〈臨床研究〉〈症例報告〉〈短報〉について投稿を歓迎します.論文の内容は「肝胆膵」の領域におけるもので,すでに,他誌に発表されたもの,また現在投稿中のものはご遠慮下さい.

  1. 論文の形式は論文題名,著者名,本文,参考文献の順序を踏むようにして下さい.また論文には5つ以内の〔key words〕と「欧文の表題」をつけて下さい.
  2. 論文は400字詰原稿用紙に横書きで,はっきりした字体で書いて下さい.なお,ワープロ使用の場合は,横20字とします,図表,写真は本文中に貼りつけないで,1枚ずつ別紙に貼りつけて下さい.図表の説明は邦文とします.写真は鮮明なものをお願いします.また原色写真を使用する場合は実費をいただきます.
  3. 論文は新かなづかいを用い,本文中の外国人名,地名,薬品名は原語のまま用い,一般に日本語化しているものは片カナにして下さい.
  4. 度量衡の単位は,mm,cm,ml,dl,l,μg,mg,g,kgなどと記して下さい.
  5. 論文中しばしば繰り返される語は略語を用いて結構ですが,初出の際には省略しないで下さい.
  6. 引用文献は主要なもののみ20以内とし,本文で引用している順に記載し,本文中に肩付番号をつけて下さい.また著者名は3名までを記載し,それ以上の場合は「他」または「et al」として下さい.
     雑誌の場合は「著者名,論文題名,雑誌名,巻数,頁数(始めの頁−おわりの頁),発行年度(西暦)」の順に,また,書籍の場合は「著者名,題名,書名,編集者名,巻数,発行社名,発行年度(西暦),頁数」の順で記載して下さい.欧文も前記に順拠します.下記〔例〕にならって下さい.
       (例)
       1)水本龍二,小倉嘉文,鈴木英明,他:肝内結石症の病態と外科的治療.肝胆膵 4:383-392,1982
       2)鈴木 宏:ウイルス感染の面からみたB型肝炎.肝胆膵疾患研究の進歩〔第1輯〕,市田文弘編,国際医書出版,東京,1982,p14
  7. 〈臨床研究〉〈症例報告〉は刷り上がり6頁以内とします.2頁,までは無料です.それ以上は実費をいただきます.〈短報〉は刷り上がり2頁以内とし,実費有料となります.本誌1頁は原稿用紙4枚に相当します.
  8. 投稿論文の採否は編集委員会で決定いたします.また,審査の結果,編集方針により,原稿の加筆,削除など一部分の書き直しをお願いする場合があります.
  9. 掲載論文は著者校正を原則として一度行います.共著の場合は校正者を指定して下さい.
  10. 掲載された論文には,掲載誌1部を無料進呈します.

■薬剤論文,器械論文については特別有料掲載になります.なお,論文の形式などについては一般論文の投稿規定に準じます.ただし,編集委員会にて採用されたものに限ります.

 

原稿はご希望の掲載欄を明記のうえ,下記宛てに必ず書留郵便でお送りください。
なお,編集の都合上必要なため,コピー2通を添えて(写真はコピー不可)ください。

〒102-0075 東京都千代田区三番町7-1 朝日三番町プラザ406号
アークメディア「
肝胆膵」編集部