「臨床精神医学」投稿規定

A.原著論文

  1. 独創性に富み,主張が明確に表明されている論文を歓迎します.
  2. 他誌に発表済みもしくは投稿中の論文は,原則として掲載いたしません.
  3. 論文の形式は,なるべく緒言,研究対象および研究方法,結果,考察,結論,引用文献の順序を踏むようにして下さい.
  4. 原稿はなるべくワードプロセッサーを使用し,A4判用紙またはB5判用紙を用い,1枚あたり400の整数倍の文字数で,ダブルスペースで記入して下さい.また,原稿用紙を用いる場合は横書き400字の原稿用紙を用い,いずれも文献,表,図を含めておよそ30枚以内にして下さい(想定組上り7頁).
  5. 表題は内容の実体を具体的かつ簡潔に表すものにし,長い表題の必要な場合は副題をつけて下さい.
  6. 原稿には著者全員の氏名,所属,主著者の郵便連絡先,郵便番号,電話連絡先,E-mailアドレスをご記入下さい.なお著者名は6名まで表題の下に印刷し,それ以上は一覧表にして1頁目に掲載します.
  7. 論文執筆にあたっては,調査・研究上の倫理的原則に則った発表であることを明示してください.
  8. 次のものを添付して下さい.@英文表題,英文著者名・所属,A5つ以内の日本語のキーワードとその英訳,B400字以内の邦文抄録(英文抄録の添付は必須ではありませんが,添付する方が望ましく,査読のうえ採用された場合は論文末に掲載します).C本文字数,図・表の点数.
  9. 引用文献は必要最少限とし,引用番号は著者名のアルファベット順にして下さい.著者名(欧文雑誌の場合は著者は姓と名のイニシャル,4名以上は「et al」,和文雑誌の場合には最初の3名は姓名,4名以上は「ほか」とする),題名,誌名(Index medicusの省略法に従い,省略記号の.(ピリオド)はつけない),巻数,頁(始めと終りの両方,間をハイフンで結ぶ),発行年(西暦)の順に;単行本の場合は著(編)者名,書名,発行書店名,発行地,年を,またその一部引用の場合には引用部分の著者名,題名を最初に記載し,掲載頁はあとに追加して下さい.
       記載例:
       1)Bleuler E : Dementia praecox oder Gruppe der Schizophrenien. Deuticke, Leipzig, 1911
          (飯田 眞, 下坂幸三,保崎秀夫ほか訳:早発性痴呆または精神分裂病群.医学書院,
          東京,1974)
       2)松下正明:脳血管性精神障害.懸田克躬,大熊輝雄,島薗安雄ほか編:現代精神医学大系
          18,老年精神医学.中山書店,東京,pp144-184,1975
       3)Nanko S, Gill M, Owen M et al : Linkage study of schizophrenia with markers on chromosome
          11 in  two Japanese pedigrees. Jpn J Psychiatr Neurol 46 : 155-159, 1992
       4)Neylan TC, Reynolds V CF, Kupfer DH : Neuropsychiatric aspects of sleep. In Yudofsky SC, 
          Hales RE(Eds): Textbook of Neuropsychiatry, Second Edition, Chapter 18. Am Psychiatric
          Press, Washington DC, pp427-447, 1992
       5)岡田滋子,加藤知子:精神性発汗量連続記録装置の臨床的応用の検討−V,身体症状の
          心理的要因−.臨床精神医学 20 : 1899-1903, 1991
  10. 他の文献より文章・図・表を引用される場合は,あらかじめ著作権者の了解を得てください.その際,原著者との交渉は執筆者にてお願いいたします.また出所(著者,タイトル,誌名,発行所,巻数,頁,発行元)を明記してください.
  11. 図は必要最少限にまとめ,裏面に番号と主著者名を記入し,1枚ずつ別紙に貼付し,さらに別紙に図の説明を番号順に記入して下さい.必要に応じ上下(天地)の指定をして下さい.
  12. 写真は鮮明なものが必要です.顕微鏡写真は原寸大とし,縦20cm,横14cm以内にして下さい.
  13. 表は簡潔に,横幅は最大限48字以内とし,1つずつ別紙に記入または貼付して下さい.
  14. 図や表の挿入を希望するだいたいの個所を原稿用紙の右端に朱書して下さい.
  15. カラー写真,およびやむをえず規定枚数(組上り7頁)を超過する場合,超過分は有料になります.

B.総説,論説

  1. 本欄は臨床精神医学上の問題について最近における内外の知見を総論的に記述するか,あるいはそれに基づいて著者の見解を展開するものです.
  2. 原著の投稿規定に準じますが,形式は自由で,邦文抄録(400字以内)を添付して下さい.
  3. 表題,著者名の英文と5つ以内の日本語キーワードとその英訳を指定して下さい.

C.海外だより,学会印象記,書評,紹介など

  1. 形式は自由で,抄録,英文表題などの必要はありません.「海外だより」は400字詰原稿用紙12枚以内,「学会印象記」は6枚以内,「書評」は4枚以内を原則とします.

D.読者のひろば

  1. 形式は自由で,本誌に掲載された論文に関するご意見をお寄せ下さい.原稿枚数は,400字詰原稿用紙4枚以内を原則とします.
  2. 原稿には,ご意見のある論文の掲載巻・号および論文名を明記して下さい.

E.卒前研修レポート

  1. 長期間の臨床実習の研究発表として,医学生の論文を発表する場とします.
  2. 論文形式は原則として原著の投稿規定に準じます.
  3. 主著者は学生のみとし,別途に指導教官名を記載して下さい.
  4. 学生と指導教官の対話,どういう教育的配慮がなされたかなどに関する指導教官のコメント(400字詰原稿用紙2〜4枚程度)をつけることが望ましいです.

F.その他

  1. 原稿の採否は編集委員会で決定します.また編集方針により加筆,削除をお願いすることがあります.
  2. 掲載後の原稿は特に要望がなければ返却いたしません.著者校正は原則として1回行います.
  3. 掲載を急ぐ場合または薬剤論文などは,有料掲載制度をご利用下さい(採用された論文に限ります).
  4. 掲載された論文には,掲載誌1部を無料進呈します.
 

原稿はご希望の掲載欄を明記のうえ,下記宛てに必ず書留郵便でお送りください。
なお,編集の都合上必要なため,コピー1通を添えて(写真はコピー不可)ください。

〒102-0075 東京都千代田区三番町7-1 朝日三番町プラザ406号
アークメディア「臨床精神医学」編集部