感覚・運動骨格機能系の学術研究誌
「Bone Joint Nerve」(BJN Japan)
ボーン・ジョイント・ナーヴ
(骨・関節・神経)


発行形態:B5判,年4回

定価:本体3,500円+税

 本誌は,従来の整形外科全般にわたる企画内容と,さらに“神経(Nerve)”をあらたに標題に加え,一つの重要な関連軸とし,より広く医学領域の研究を追究し,特集ほかのプランに反映していきたいと企画しております。
 最新号(第7巻第3号)では,「骨軟部腫瘍の診断と治療」を特集として取り上げました(目次参照)。


本誌の読者層

整形外科全般とその関連領域
(神経学,産婦人科,リウマチ内科,小児科,歯科・顎・口腔外科,画像診断科,放射線科,病理学,薬学,リハビリなど)
Page layout sample

特集

座談会

手術手技
シリーズ

コラム

これは
何でしょう?






Bone Joint Nerve Vol.7 No.3 目次
特集 骨軟部腫瘍の診断と治療

目次はこちら

編集後記より

肉腫を含む悪性腫瘍の総称である「がん」は現代の疾患と考えられやすいですが,医師のシッダールタ・ムカジーは,ピューリッツァー賞をとった著書“The Emperor of All Maladies: A Biography of Cancer-(日本語版タイトル「がん-4000年の歴史-」(ハヤカワ文庫NF))”の中で,紀元前2625年前後に活躍したエジプト人医師イムホテプの教えを集めた書の中に,がんが歴史上はじめて他と区別された疾患として登場することを紹介しています.また古代ギリシャの歴史家ヘロドトスも,有名な『歴史』の中でペルシアの王妃アトッサが乳癌であったことを記載しているそうです.このように古くから存在する疾患であったにも拘わらず,がんに対する関心は20世紀に入ってから著しく高まりました.これは抗生物質やワクチンの登場で死に至る感染症の多くが克服され,ヒトが長寿になったために「がん」が死因に占める割合が高まったこと(わが国においても,1980年代以降「がん」は死因の第1位になっています),そして近年がん研究が飛躍的に進歩し,がん化のメカニズムが詳細に明らかになるとともに,新たな診断法や治療法が開発されてきたことと無関係ではないでしょう. 整形外科医が扱う骨軟部腫瘍の分野でも診断・治療法の発展は目覚ましく,以前は切断術以外に選択肢がなかったものが,現在ではMRIによる早期診断,そして術前化学療法と広範切除術による患肢温存手術が当たり前になっています.軟部肉腫については新たな作用機序を有する治療薬も次々と登場しています.一方でますます治療法が高度化・複雑化する中で,整形外科がすべての治療ステップに関与することの是非も問われています. 本号では帝京大学教授の河野博隆先生をゲストエディターとしてお迎えし,骨軟部腫瘍の基礎から臨床までを一線でご活躍の先生方に執筆していただいています.骨軟部腫瘍の分野の目覚ましい進歩に触れて,皆様にこの分野に興味を持っていただければ幸いです.(田中 栄)

本誌のお求めは書店様にお申込みいただくか、郵便局の振替用紙をご利用いただき、 振替口座番号(00180-5-488821)書籍名郵便番号住所氏名電話番号を明記し、 送料(400円)とともにお振り込みください。
(ISBN978-4-87583-216-4)



次号予告 Vol.7 No.4 2017年10月発行予定
特集/小児整形外科の過去・現在・未来 予定目次はこちら

バックナンバー
Vol.1 No.1整形外科医のためのRA講座
Vol.1 No.2骨粗鬆症の臨床最前線
Vol.1 No.3脊髄損傷─その研究成果と臨床の現状
Vol.2 No.1変形性膝関節症をめぐる進歩
Vol.2 No.2慢性疼痛のup to date
Vol.2 No.3骨・関節領域における感染症
Vol.2 No.4足の外科の最近の話題
Vol.3 No.1サルコペニア─筋研究の最前線─
Vol.3 No.2手の外科─最新の話題
Vol.3 No.3股関節をめぐる最新の進歩
Vol.3 No.4肩関節疾患の最前線
Vol.4 No.1中高年齢者の半月板変性
Vol.4 No.2整形外科イメージングの進歩
Vol.4 No.3ロコモティブシンドローム
Vol.4 No.4スポーツ障害─最新の知識と治療法─
Vol.5 No.1人工膝関節置換術
Vol.5 No.2高齢者の脊柱変形─椎体骨折の診断と治療
Vol.5 No.3骨折治療の真実
Vol.5 No.4人工股関節置換術
Vol.6 No.1骨粗鬆症の診断と治療update
Vol.6 No.2今,知っておきたい「リウマチ」のすべて
Vol.6 No.3先読み!「早期変形性膝関節症」
Vol.6 No.4慢性腰痛の診断と治療 update
Vol.7 No.1誌上ディベート:人工股関節をめぐる議論─対立する治療法
Vol.7 No.2骨代謝マーカー update 2017

.
◎製薬企業・広告代理店のみなさま

学術研究誌「Bone Joint Nerve」編集部では、
広告のご出稿を募集しています。
くわしくはこちらをご覧ください。