今後の特集のご案内

 2005年 2月号 プライマリ・ケアと肝胆膵
          ―プライマリ・ケア診療に必要な肝胆膵知識―
     3月号 肝門部胆管癌治療:現状の評価と今後の課題
     4月号 自己免疫性膵炎の新たな展開
 

バックナンバーはこちら

最新号
 第50巻1号(1月号) 特集 /肝移植の最新の進歩と問題点

定価(\) 2,835 送料(\) 150

編集後記 紹介

 有井滋樹氏から的を得た巻頭言を頂いた.単なる挨拶でなく,現在の肝移植医療のポイントを鋭く突いている.この巻頭言でデーターに基づいた臨場感のある論述を期待された.果たしてどうか,小生が編集委員となって始めての編集後記である.企画,編集の責任として編集局からすべてのゲラ刷りを頂き,読破した.それは思いとおりの内容で,希望通りの力作であった.梅下浩司,江川裕人両氏には,単なる統計の記述は遠慮願い,それらを基礎にした独自の考えを展開して頂いた.次に,成人例で多く見られる肝疾患を内科医の立場と外科医の立場から論説頂いた.内科側はその疾患の予後予測,適応に関する御自身のお考えを披露して頂き,外科側は各種疾患の肝移植成績,疾患特有の合併症とともに内科医へ術前の問題点を投げかけて貰った.次いで,最近の話題として,菅原寧彦氏に右葉グラフトと左葉グラフトのmeritとdemeritならびに具体的な臨床的事象を尋ね,古川博之氏にはAPOLTの理論と合併症,適応疾患などの問題点を問うた.さらに,橋倉泰彦氏にはde novo自己免疫性肝炎というこの不思議な病態の機序と頻度,治療,予後を投げかけた.橋本俊氏には,実際に急性拒絶と慢性拒絶の臨床的マーカー,確定診断,治療,頻度などをお教え願った.もちろん,編集だけではつまらないので,自身がHCVの再発は肝移植適応に影響を与えることを示し,高田泰治氏には肝細胞癌の再発因子の解析とMilan criteriaの意義,再発の臨床像,再発予防戦略を提示願った.
 最後に,ドナーをめぐる諸問題として,欧米との比較から米本昌平氏に高所からわが国の肝移植医療に関する比較論を展開して頂き,ドナーの精神的負担を精神科の野間俊一氏に具体例を提示して貰った.さらに,生体肝移植のコーディネートの難しさを添田英津子氏から報告いただき,最後にドナーとしての経験と提案をドナー自身の体験から中津洋平氏の赤裸々なご意見を賜った.深く感謝の意を表したい.
 編者として最後に感じたことは,昔に比べて外科の先生方の共著者の数が増えていることである.肝移植に携わる外科医が増えてきていることを如実に示すもので,まことに嬉しい次第である.一方,内科医の論文は当方が依頼した執筆者プラス一人か二人である.寂しい限りである.肝移植に対する内科医の本気を見せなければならない時期に来ている.C型肝炎,肝細胞癌と内科医が本気になる素材が山ほどある.本気を見せようではないか(内科),移植(異色)内科医として.

目次

●特集“肝移植の最新の進歩と問題点”

〔巻頭言〕肝移植―最新の進歩と問題点           有井 滋樹

生体肝移植のわが国の現状                 梅下 浩司,他

脳死肝移植:わが国の現状                 江川 裕人,他


選択,適応基準とIC取得,実践時期の設定

劇症肝炎(内科から)                   滝川 康裕,他
劇症肝炎(外科の立場から)                吉本 次郎,他
HBV肝硬変(内科の立場から)                横須賀 收,他
HBV肝硬変(外科的立場から)                谷口 雅彦,他 
HCV肝硬変(内科から)                   杉原 寛治,他
HCV肝硬変(外科から)                   副島 雄二,他
肝細胞癌症例に対する肝移植                田中 正俊,他
肝細胞癌に対する肝移植                  森根 裕二,他
原発性胆汁性肝硬変(内科の立場から)           竹山 康章,他 
原発性硬化性胆管炎(内科から)              上野 義之,他
原発性硬化性胆管炎に対する生体肝移植           河地 茂行,他


肝移植後の経過に関する問題点と最近の話題

左葉グラフトと右葉グラフト                菅原 寧彦,他
APOLT(補助的部分的同所性肝移植)―その適応と問題点―   古川 博之,他
De novo 自己免疫性肝炎                  橋倉 泰彦,他
肝移植における拒絶反応の診断と治療            日比 将人,他
HCV再感染は肝移植の予後を左右するか            市田 隆文,他
肝細胞癌の再発は必ず起こるのか              高田 泰次,他

ドナーをめぐる諸問題
生体肝移植―その法規制と倫理的課題            米本 昌平
ドナーの精神的負担                    野間 俊一,他
生体肝移植のコーディネート                添田英津子,他
ドナーとしての経験と提案                 中津 洋平


座談会“肝移植の最新の進歩と問題点”      (司会)市田 隆文
                             矢永 勝彦
                             松波 英寿
                             山敷 宣代
                             清澤 研道

●臨床薬理
YMDD変異ウイルスの増殖により肝機能の異常が認められた
B型慢性肝炎患者(B型肝硬変患者を含む)に対するヘプセラ錠10
(アデホビルピボキシル)の臨床効果
                              谷川 久一,他

バックナンバーはこちら